生活のなかのわらべうた

音楽の楽しさ・心地よさを、日本古来の「わらべうた」で遊ぶことで育んでいます。遊びを通してシンプルなうたを繰り返し歌うことで、リズムや音程がしっかりと身について来ます。
大きくなるとルールのあるわらべうたでお友達と協力して遊びます。ルールを守らないと楽しくないということを学び、協調性が育ちます。また、わらべ歌には人生の疑似体験といえる意味もあります。例えば「はないちもんめ」のように仲間外れになるような場面では、一人でがんばって仲間を取り戻す冒険を試みることができるなど、子どもたちの心をたくましく育てることにつながっています。

 

おもいっきりどろんこ遊びを!

初夏はどろんこあそびのシーズンです。特に雨の翌日など、グラウンドのぬかるみに、子どもたちは吸い寄せられるように飛び込んでいき、思いおもいに遊びます。水や土、泥は子どもの心を開放し、遊び込むことによって子どもの心は安定していきます。全身泥パックに夢中になっている子どもの笑顔を見て、本当に素敵だなぁと感じます。 

2011年3月の原発事故後、放射能の影響を考慮して、グランド表面の土や砂を取り除く作業をしました。(2011年5月実施)

こどもたちはみんな絵本が大好き!

子どもにとって、絵本は無条件に楽しいものです。絵本を読んでもらいながら、食い入るように見入る子どもたちは、登場人物や動物に自分の心を重ね、さまざまな感情の疑似体験をしています。その楽しさがやがて、想像力、思いやりの心、自ら本を読み学ぶことへとつながっていくのです。

積み木にはちょっとこだわりがあります!

園で使っているヒノキの無垢材で作られた積み木は、子どもの掌に収まる大きさ。無数の積み木は、子どもたち自身のアイデア、想像力を引き出し、想像したものを作ってみる中で集中力や知恵が生まれます。低年齢のお子さんは、積まれたものを壊すことが楽しみであり、大きくなると積み上げて表現すること、壊れたらよりよいのを作るために友だちと協力して再挑戦することに楽しみを見出す、というように段々と成長がみられるのも積み木の良さです。年長さんになると、必要な積み木を集める子、集めた積み木を積む子に渡す子など、役割分担と協力体制が自然に生まれ、子どもたちが自主的に考え動けるようになっていきます。園では、積み木をはじめとした、さまざまな「遊び」の中で、子どもたちの生きる力を育んでいます。

食育

献立では手作りにこだわり、食材の持ち味を活かす調理方法で提供しています。また園庭で野菜栽培を行い、採れた野菜をその日の献立に使用します。昨年度は稲栽培やしいたけ栽培も行いました。子供達は、自分で育てた野菜がメニューのどこに入っているのか楽しみながら食べています。また食育では、食育実習や栄養についての話を通して、「食」にまつわる学びを行います。実習は年長さんのみですが、本物のテングサからところてんを作る、包丁やピーラーで野菜を切って食べる、今年度はお茶をいただく簡単なお作法も実習します。栄養の話は、年少さんから年長さんまでが対象で、管理栄養士とお手伝いくださるキッチンさんが絵、紙芝居、寸劇、実物などを使って話し、見て、聞いて、触って様々な体験をしています。

お弁当は元気の源

子どもたちはみんな、お弁当の時間が大好きです。お家の方が作って下さる「いつもの味」でホッと一息。安心して元気を取り戻す、大切な時間です。大好きなもの、食べられるものを食べられるだけ。きれいに食べて、お弁当箱がピッカピカになったときの喜び、達成感が身体だけでなく子供たちの心を一回りも二回りも大きくしてくれます。

コミュニケーションの喜びを子どもたちと

生活の中でのコミュニケーションを大切にしています。教師は、子どもたちの「感じる心」を大切にし、お互いの存在を認めあえるような言葉がけを心がけています。「感じる心」は、神様が一人ひとりに与えて下さったものです。子どもが感じるありのままの心を良しとし受け止めることによって、子どもは安心して感じたことを吟味して表現するようになっていきます。

保護者との連携を大切に

幼児教育の基盤は家庭教育であり、園での教育は家庭生活と密接な関係があります。園の教育を理解していただきご協力いただくために父母の会があり、毎月第一火曜日に定例会を行っています。園での子どもたちの様子をお伝えし、園と家庭が協力して子どもたちに接していくための大切な会です。また、バザー、卒園・修了式後の感謝会など、父母会主催の行事もあります。