土浦めぐみ教会の理念

Ⅰ 聖書信仰に立ち

 めぐみ教会は「聖書は神のことばにして、信仰と実践の唯一最終の規範である」と告白します。そのため、めぐみ教会の礼拝のメッセージをはじめ、あらゆる機会に、聖書全体から神さまの配慮と計画を聴くことを求めます。また常に、日常生活に聖書の真理を活き活きと体験することに求めています。

Ⅱ 豊かな福音に生きる

 めぐみ教会が伝えるキリストの福音は、豊かな内容を持つものです。イエスキリストに信頼することによって与えられた新しい身分といのちは、わたしたちの内側に働いて、あらゆる点において絶えず成長する力となることを告白します。私たちはこの希望をもちながら、個人の生活の中に、家庭の中に福音の豊かさが日々体験されることを期待します。

Ⅲ グローバルな

 キリストの福音はどんな民族、文化、国籍にあっても、有効に働く神さまの力であると告白します。そのため、この福音に信頼する人々の集まりである教会は、もともと全世界的なものであると信じます。そのため私たちは、このキリストにある世界性が、めぐみ教会の中で体験できるように企画し、若者達がやがて国際社会で貢献出来るように配慮します。また、世界に目を向け、祈り、支援し人を派遣する教会であることを追求します。

Ⅳ 誰でも憩える

 教会は、あらゆる年齢あらゆる階層の多様な人々が、あらゆる隔ての壁を越えて、キリストにあって一つとなった群れであると告白します。それは一切の差別を除き、あらゆる区別を超えて、そこにある多様性を豊かさとして喜ぶ群れです。そのため、私たちは、この群れに属する多様な人々への配慮を志し、全年齢層の人々が、それぞれの健康状態や生活状況に応じて、ふさわしい豊かな教会生活を送れるように努めます。またそのために必要な、施設や設備を備えることに努めます。

Ⅴ 地域に輝く

 めぐみ教会は、その福音の普遍的力の故に全世界的であったと同時に、この茨城の地に存在しているが故に地域性を持っていると告白します。私たちは、イエスキリストにのみ深く根ざし、かつ地域文化と密接な関係をもつ教会を建て上げるように努めます。私たちはこの地域社会の人々に仕え、時には警告し、可能な限りの諸活動を通して、地域社会の福祉と平和のために努力します。

清野勝男子