土浦めぐみ教会の行事

めぐみ音楽祭

 めぐみ教会の中に埋もれる才能を発掘することを目的として、毎年6月に開かれています。子どもから大人まで誰でも参加できます。演奏や賛美など正統派の発表がある一方で、替え歌、ダンス、落語、漫才まで一見音楽祭とは思えない出し物も登場する、何でもありの音楽祭です。普段めぐみ教会に来ている人の意外な一面を発見する楽しい音楽祭です。

めぐみ祭り

毎年8月の下旬に行われるめぐみ祭り。毎年500~600名近くの人が参加してくださいます。めぐみ教会に来ている子どもたちに楽しくて安全なキリスト教的(?)お祭りを楽しんでもらうために数年前から始まりました。オープン礼拝の賛美チームによる賛美や、めぐみ教会のメンバーによる様々な出店やゲームで賑わいます。


めぐみ芸術展

 毎年秋に開かれる「めぐみ芸術展」。チャペルピスガを会場として、一週間作品を展示します。絵画や写真、様々な作品が展示され訪れる人を楽しませてくれます。出展者は様々で、めぐみ教会に来ている方や関係のある方、マナ園児や小学生などです。


めぐみバザー

 もうひとつ秋の恒例の行事は、めぐみバザーです。それぞの要らなくなった服や物品を持ち寄ります。また、様々なグループによる出店やゲームコーナーもあり、日曜日の午後をワイワイと楽しく過ごします。売り上げは、寄付をしたり、教会の新しい建築のために献金したりしています。

ダンスフェスティバル

めぐみ教会のクリスマスアドベントの始まりを告げる行事として定着した「ダンスフェスティバル」。年を追うごとにだんだんと出演者のレベルもアップしてきました。2008年は、「いのちの輝き」というテーマで神さまから与えられた命をダンスを通して輝かせました。毎年12月の最初の日曜日の午後に行われます。
 ダンスを始めてみたいという方は、めぐみ教会の中で開かれているArkDance教室に通ってみてはいかがでしょうか。幼稚園児から大人まで3つのクラスがあります。

キャンドルサービス

 めぐみ教会のクリスマスのクライマックスは、キャンドルサービス。毎年12月24日の夜に開かれます。キャンドルの明かりと聖書の言葉に耳を傾けながら、救い主の誕生を喜びます。