教会の建物

礼拝堂

1Fは広いホールの他に、台所、和室、事務室、牧師室があります。日曜日はこの1Fホールで食事をします。和室では礼拝の様子をテレビで見ながら礼拝をすることができます。平日は、介護指定事業「喜楽希楽サービス」の通所介護の場所になっています。
2Fは土浦めぐみ教会の礼拝堂です。250名ほど入ることができます。日曜日の礼拝をはじめ、コンサートや結婚式、さまざまなイベントに使われています。
3Fは親子のための部屋があります。窓から2F礼拝堂の様子が見ることができます。
2F礼拝堂礼拝堂外観






教育館

 礼拝堂の横に建つ建物は、教育館と呼ばれています。日曜日は、教会学校や様々なクラスの部屋として使われています。平日は、1F部分はめぐみ教会付属のマナ愛児園が使用しています。週末オープンしているキリスト教書店「グレース」は、教育館2Fの一番礼拝堂に近いところにあります。

駐車場

 教会敷地の南側に広がる駐車場は、350台駐車できます。つくば・土浦の中間に位置するめぐみ教会は、郊外型の教会として広い駐車場を確保し、皆さまのお越しをお待ちしています。
教会駐車場



チャペルピスガ

 チャペルピスガは、納骨堂付小チャペルとして1998年に建てられました。このチャペルは40~60名ほどが入れるチャペルで、結婚式やお葬式、小コンサートや故人を偲ぶ記念会などの会場として使われています。日曜日は、中高生の集まりであるTEENSが、礼拝や活動の場として使用しています。
 ピスガ内部の奥の部分に納骨堂があります。この納骨堂はめぐみ教会の敷地のまん中に位置しています。賛美の溢れる、人が集まる、子どもたちの声がいつも響いているめぐみ教会のまん中にあるこの納骨堂は、私たちの天国への希望を表しています。また、会員それぞれが高価な墓地を購入するよりも、信仰の家族が助け合えるこの納骨堂は私たちの愛の実践でもあります。

チャペルピスガ正面チャペルピスガ内部納骨堂



教会 平面図

 土浦めぐみ教会には、これらの建物の各部屋に聖書にちなんだ名前を付けています。例えば教育館2Fは高い場所なので、各部屋に聖書の舞台イスラエルの著名な高い山の名前、ヘルモン山とカルメル山を冠しました。詳細は、こちらの平面図をクリックし、拡大図面をご覧ください。